2015'06.24.Wed

ありがとうございました。

アスガルド最終日の記録その10 (ラストです)

サービス終了はⅹRULERⅹアジトで。
放置のまま仕事にいってしまった人もいたけど、賑やかでした。

私はもちろん、残ったわずかな時間を師匠の隣で過ごしました♡


 
最後に自分の装備のSS撮ったり、守護を出したり。
残り1時間をきったマイソシアで出来ることってなんだろうって思いながら…

えへ(〃▽〃)


Nチャの進みも早くて、全然読めてなくて
みんなのログもまったく耳に(目に?)入っていませんでして…。
スルーしていたんですよ。


でもししょーのことはちゃんとみてました(笑)


何が???って思ってログを読み返す私。
ししょーが反応しなければ私気がつかなかったよww


りえさんが何やら私にF2をみるように勧めてました。

この時は本当に何も考えずF2をみにぽちっと。


うん

びっくりした…。
AS150624187.png
まだ全然「終わる」って実感はなかったけど
さすがにこれは泣いちゃいます。

なんかもう、うれしいんだけど、言葉になりませんでした。
ししょーがどんな気持ちでこれ書いてくれたんだろうって思うと…。

しかもこっそりって!
本当に気がつかないところだったよ~。

うう、ありがとうございます。


ちなみにみぃさんが超盛り上がってました。笑

私の自慢のお師匠様だよ!
かっこいいでしょっ♡



最後にちゃんと2人でSS撮りたいな~って、人の少ないほうに移動して
精一杯の投げキッス…が…

ついにきてしまったこの時間。
終わりが近づいてるんだと感じますね。


もう何年も前からず~っと繰り返して言ってるし
聞き飽きたって言われるかもしれないけど、やっぱり伝えたいこの気持ち。

誰よりも大好きです。
11年半、ずっと師匠が1番好きです。


そして何回言ってもらってもうれしい言葉。

うれしいいいいい(´;Д;`)♡

このあと、相変わらずのテレやさん発揮して
ゆずりんさんのほうが好きって言われたので若干すねましたけど。
最後くらい私が1番好きって言ってほしかったああああ(ノД`)・゜・。

でもいいのです!
そりゃししょーの1番になりたかったけどー!
でもでも、ししょーのこと1番好きなのはまちがいなく私だから。
気持ちの大きさだったら誰にも負けないんだ。
一方通行でもいいんだもんっ。


ネクソンさんからの最後のあいさつ。

みんなに突っ込まれるコレ→


なんだかんだしてたら、最後はちゃんと私の隣に来てくれました。

やっぱりししょーは優しいです♡
大好きすぎるっ♡

こっからみんなの怒涛の叫びやら懺悔やら。
ししょーの「ネカマしてごめんなさい」は笑ってしまったけど
私は気にしてないですよ?←
私に言ったんじゃないのはわかってますけど!笑
きっとイルりんも許してくれるんで、大丈夫。



アスガルドを始めたあの日、ミルレスで師匠に出会えてよかった。
私のこと弟子にしてくれてありがとうございました。
あれがなければⅹRULERⅹのみんなとも出会えてなかったもん。

師匠らしいことしてあげられなかったって言ってたけど
私にアスガルドの楽しさを教えてくれたのは間違いなく師匠です。


最後は師匠の隣で。
ⅹRULERⅹのみんなと一緒に。
あゅむは本当に幸せでした!


ここから、長い長いメンテの時間が始まってしまいますが…。



まだ全然実感沸かないけど、だんだんさみしくなっていくんだろうな…。
泣ける日記は書けないけど、みんなと過ごした時間は本当に宝物です。

もともとゲームはそんなにやるタイプではないけどアスガルドは本当に特別。
一人暮らしでさみしかったとき、PCをつければ話し相手がいた。

たかがゲームなのに、日常生活に支障がでるくらいの感情が動いたなあ。
いっぱい笑って、いっぱい怒って、いっぱい泣いて…。
友達もできたし、ケンカもしたし、恋もしました。


シャタさん、ずっとRULER守り続けてくれて、ありがとうございました。

RULERは私のアスガルドの居場所でした。



2015年6月24日(水)午前10時 アスガルドサービス終了






ってあれ、最後のSSにししょーいない?
気になって動画を見かえしたら、消えてました。
っていうか、私もカムかけられていたみたい。笑

でも消えてなかった(´・ω・`)ちぇ
どうせなら最後に一緒に消えたかったな~なんて。

やっぱり最後まで私は師匠のことばっかり気になってたみたいです。笑


もう少し気持ちの整理ができたら
ちょっとずつたまったSS(トータル7万枚弱)を整理しつつ、晒していこうかな。
関連記事
更新時間:10:00 アスガルドトラックバック(0)  コメント(0)

テーマ:アスガルド - ジャンル:オンラインゲーム


Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL